Enjoy! サイクリング むさしの

「むさしの」を自転車で巡る魅力

このサイトでは、東京都のほぼ真ん中、多摩地域の南東部に位置するエリアを「むさしの」と呼んで、自転車による回遊の楽しみを提案しております。なぜ、このエリアでの自転車回遊をお勧めするのでしょうか?その理由をご説明いたします。

緑と水辺の景色に恵まれている

多摩川や野川、玉川上水など水辺の景色に出逢うことができるのがこの地域の特色。野川に並行しては、国分寺崖線(通称ハケ)の緑も豊かで、そこかしこで清らかな湧水も見られます。また、大規模な都立公園も多く、公園どうしがつながっていて大きな森のような空間を形成しています。

自転車走行帯の整備が進んでいる

この地域は都内23区と比べて交通量が少なく、のんびり、ゆったり、安全に周遊できます。 2020東京オリンピック・パラリンピックに向け自転車走行レーンの整備も進み、自然環境・景観に恵まれた道路でサイクリングを楽しむことができます。

比較的平坦な地形である

この地域は、国分寺崖線(高低差15~20m)と府中崖線(高低差約10m)以外には坂らしいものがなく、平坦な地形が広がっています。上記の崖線に出くわしても無理せず自転車を押して歩けば良いので、急坂の連続でギブアップなんてことはありません。

由緒ある寺社や個性的な施設、店舗が点在している

深大寺や大國魂神社など歴史ある寺社が緑に囲まれて点在しています。また、この地域ならではの個性的な施設やカフェなども地域のあちこちにありますので、気ままな周遊の時の休憩にももってこいです。

街歩きや自然散策は歩くのが一番ですが、距離的な限界がありますね。また、車を使うと道中の様々な体験を楽しむことができません。その点、自転車は一定のスピード感をもちながら自分の五感で生の体験を味わえるのが醍醐味。自分目線での観光が楽しめます。「むさしの」はそんなあなたのリクリエーションの舞台にピッタリ。あなたのお気に入りの場所やコースを見つけてください。

ページトップへ戻る